プール付きの贅沢ヴィラ『D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA』2019年4月開業に泊まった感想

『D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA』の口コミ

最大31時間滞在できるバケーションレンタルが宮古島(伊良部島)に誕生

プライベートプールの備わった宿にいくつか宿泊しましたが、沖縄宮古島(正確には伊良部島)という立地とキッチンを備えている1棟貸切タイプとしては、リーズナブルともいえる素敵なバケーションレンタルが誕生しました。

D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  (ディーズグロウリゾート インフィニティプールヴィラ渡口の浜)』(伊良部島)です。

立地から推測すると、海岸まで歩いて行けないかもしれませんが、このインフィニティプールはとても素敵です。

『D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA』の客室

出典:楽天トラベル

夕陽を見ながらテラスでのんびり過ごすのもよいですし、温水プールで夜に泳ぐこともできます。

1棟独立タイプのバケーションレンタルではなく、1棟3室というべきですが、1部屋の専有面積がとにかく広い。1部屋およそ82平米の広さがあります。(部屋のタイプは1種類ですので、どの部屋を予約するか迷う必要はありません)

 

『D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA』の客室

出典:楽天トラベル

こちらの宿で一番注目したのはこちらのサービスです。

チェックイン 15時(直前に他の予約が入っていない場合11時以降 自由指定可)
チェックアウト 12時(直後に他の予約が入っていない場合18時まで 自由指定可)

閑散期の旅行が好きな方は、1泊分の宿泊費で最大31時間滞在できる可能性があるのです。私のようにJAL好きな方は、羽田⇔宮古島の直行便1泊の旅行でも、早く到着して時間をもてあましたり、帰りのフライトまで何をしようと迷うことがありません。これはとても重要なポイントだと思います。

31時間おこもりするとなると、よほど素敵な部屋か景色がないと退屈してしまいますが、『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  (ディーズグロウリゾート インフィニティプールヴィラ渡口の浜)』(伊良部島)は、どうでしょうか。

ただし、こちらのサービスは2019年4月30日現在『 楽天トラベル 』には掲載されていませんでした。『 一休.com
』『 Relux 』には掲載されています。気になる方は予約時に施設へ確認されることをお勧めいたします。

『D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA』の客室

出典:楽天トラベル室内のアメニティや設備は次のように紹介されています。*1

*1:2019年5月7日に公式サイトが公開されたため、情報を追記しています。

  • 温水プライベートInfinity プール付きヴィラ
  • 2ベッドルーム、オーシャンビューバスルーム、デイベッド
  • システムキッチン&家電完備(冷蔵庫、炊飯器、調理器具、食器類、洗濯機、乾燥機、洗濯用備品(洗剤、柔軟剤、ハンガー、アイロン等))
  • ミニバー(冷蔵庫内フリードリンク)
  • コーヒーメーカー(ネスカフェ バリスタ)&ウォーターサーバー
  • レジャータオル&ビーチグッズの無料レンタル
  • レジャーシート、ロックアイス、BBQグリル、客室用スマフォ(handy)
  • バスアメニティー(シャンプー・リンス・ボディソープ・石鹸・ボディタオル・スポンジ)
  • タオル・バスタオル・フェイスタオル・バスタオル
  • ハミガキセット
  • くし・ブラシ・シャワーキャップ・ドライヤー・髭剃り・シェービングジェル・フォーム
  • バスローブ・スリッパ
  • 基礎化粧品(洗顔料・化粧水・乳液・メイク落とし)
  • 綿棒・コットン
  • ズボンプレッサー
  • 有料放送・DVDプレイヤー・Blu-rayプレイヤー・ポータブルオーディオ用スピーカー
  • 電子レンジ・食器・洗濯機・乾燥機・キッチン用備品(洗剤、スポンジ、布巾、ラップ、アルミホイル等)

これは…自炊する場合調味料のみ持参すれば、手ぶらで訪問できるのではないでしょうか。

また、洗濯機と乾燥機が備わっているため、チェックアウトの日にプールで泳いでも水着を乾かすことができるのでとても助かります。公式サイトで確認したところ、洗剤や柔軟剤さらにアイロンまで備わっているようです。

『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』に泊まった感想

コンクリート打ちっぱなしがクールな雰囲気でした。

予約時にアーリーチェックインとレイトチェックアウトを希望したのですが、アーリーチェックインはかないませんでした。

翌日18時まで滞在することができ、JTAの022便に乗るまでの間、目の前のプライベートビーチの白浜を歩いたり、洗濯をしたり

ビューバスにゆっくり入ったりと贅沢な時間を過ごすことができました。

キッチンの使い勝手

キッチンは、広いのですが料理をがっつり楽しみたい方は他の施設をお勧めしたいかなーという感じです。

コンロが2口で、換気扇が小さめなのでにおいが強い料理はお勧めできません。

インフィニティ―プールについて

温水プールなので夜でも泳げるのですが、宿泊した日は天気が悪く結局プールで泳ぐことはありませんでした。

とても素敵なプールなので暑い日の夜泳げたらいいなーと思います。ただし、こちらの施設は3部屋あり、例えば

裸で泳ぎたい!と思ったとしてもそれは周囲に見えてしまうのでご注意ください。

バスルームについて

レインシャワーも備わるきれいなバスルームでした。目の前のプライベートビーチを見ながらバスタイムを楽しめます。

窓の幅はそれほど広くないので、丸見えという感じはありませんが、恥ずかしがり屋さんは落ち着かないかもしれません。

ブラインドがあり、簡単に目隠しできるので恥ずかしがり屋さんも安心して入浴できるのは良いと思いました。

プライベートビーチについて

客室の目の前にビーチが広がっています。ただ満潮時には砂浜がだいぶ狭くなります。

シュノーケリングセットを無料で借りられるので、目の前のビーチで遊ぶこともできるのですが、訪れた日は波が高めで風も強く

シュノーケリングを楽しむ雰囲気ではありませんでした。

天気の良い時に泊まることができたら、実際に宿泊して満足している私の数倍満足できるのではないかと思います。

『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』の食事は?

システムキッチン(公式サイトの写真を確認すると、IHコンロのようです)が備わっていて、調味料以外は食器も炊飯器も備わっているため、自炊または持ち込みになります。

またオプションで、BBQコンロを借りたり、宮古島内の飲食店の食事を客室でいただくことができるサービスがあります。24時間前までに予約すれば地元最高のお肉を用意することも可能と公式サイトには掲載されています。

もしかして、もしかすると、なかなか手に入らない宮古牛でしょうか。

ヴィラから徒歩圏にはコンビニエンスストアがないため、必要なものは用意することをお勧めしますが、おいしい食事をいただけるカフェ、またはホテルの食事利用は可能だと思います。

おすすめ1:『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』で宮古島のイタリアンを楽しむ

ドンコismの食事

公式サイトで紹介されていたのは『 ドンコリism 』事前予約制のイタリア料理。

まだ一度しか訪れたことはありませんが、宮古島中心街にお店をかまえるおいしいイタリア料理です。ジビエに興味がある方にもおすすめ。

また宮古牛はなかなか手に入らないのですが、宮古牛を使った料理もあります。

写真は私がドンコismを訪れたときにいただいたシェフお任せコース¥4,000の前菜盛り合わせです。

ドンコism 公式サイトより引用(店舗メニュー)

シェフのおまかせコース ¥4,000
前菜の盛り合わせ、パスタ2種、メイン、ドルチェ&カフェ
宮古牛コース ¥6,500
生ハムの盛り合わせ、前菜の盛り合わせ、宮古牛のボロネーゼ
お好きなパスタをもう一皿、特選宮古牛のタリアータ、ドルチェ&カフェ
※コースのラストオーダーは21:30とさせていただきます。

これだけの品数で1名4,000円のディナーとは、驚きました。宮古島の食材ばかりいただけるのも魅力です。

このように素敵な食事をプール付きのヴィラで楽しめるのは幸せですね。

ドンコismのどのような料理が楽しめるかは確認していませんが、わざわざ車でお店まで移動しなくてよいのはとても助かります。

天気の良い日は夕陽も楽しめるロケーションですので、夕陽を見ながら美味しい食事を楽しめたらずっと記憶に残る旅行になるでしょう。

おすすめ2:『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』から歩いて、おしゃれカフェ『ブルータートル』でディナーやカフェタイムを楽しむ

ブルータートル

歩いて3分(およそ200メートル)離れた場所に、亀のマークが目印のおしゃれなカフェ『ブルータートル』があります。散歩しながらブルータートルで過ごすのもおすすめです。

私が訪れたのはランチタイムですが、カレーとピザ、それぞれとてもおいしくいただきました。目の前の海にも癒されます。

Blue TurtleのMENUはこちらから

おすすめ3:『イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古』のランチを楽しむ

『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』は2019年4月に開業した施設ですが、20108年12月に開業した『イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古』は、歩いて4分、350m離れた場所にあります。

『イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古』のレストラン『TIN’IN(てぃんいん)』ではひとり4200円のランチコース、または座席だけ予約して宿泊しなくても食事を楽しむことができます。

『イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古』も素敵なところですが、プール付きの部屋と比較すると、『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  』の方が少しお得です(ただしセール期間中は、例外です)。

今回の旅行では、はしごできないけれど、『イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古』の食事も気になるという方は、チェックイン前やチェックアウト後にランチを試してみてはいかがでしょうか?

『TIN’IN(てぃんいん)』のランチメニュー 1名4,200円(税サ別)

【AMUSE】
Local Tomato Mousse with Taramajima Salt and Shell Ginger Oil
雲に見立てた宮古島産トマトのムース 多良間島の岩塩と月桃オイル
【SOUP】
Seasonal Local Vegetables Soup
宮古島産旬の野菜のスープ
【MAIN】 Please choose one. 1つお選びください。
・ Today’s Fish Dish 本日の魚料理
・ Today’s Meat Dish 本日の肉料理
【DESSERTS】
Shell Ginger Crème Brûlée with Tropical Fruits Macedonia
月桃のクレーブリュレ バニラアイスクリームと南国フルーツのマチェドニア添え

食事時間 ランチご予約可能時間帯 11:30~15:30

 

『 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA  (ディーズグロウリゾート インフィニティプールヴィラ渡口の浜)』(伊良部島)はどこにある?

住所は、沖縄県 宮古島伊良部宇伊良部1213-1 と一休.comに掲載されていたのですが、
それではgooglemapで検索できないようです。

〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部1213−1

と入力すると、googlemapで表示されます。

宮古空港から移動する場合は、伊良部大橋を渡ったら、左折して、道なりです。2018年12月に開業したイラフsuiの隣にあります。

下地島空港からですと、下地島から伊良部島にわたる道路が何本かありますが、どれを走っても伊良部大橋方面に向かえば到着します。

初めて宮古島に行かれる方は事前に送迎をお願いするのもよいと思います。

交通アクセス下地島空港/宮古島空港よりお車(送迎 ※事前予約制)
駐車場有り 3台 無料 予約不要

近日中に、プレミアムレンタカーサービス開始予定

次の地図も参考にしてください。

一休.comの D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA のプランを確認する

※ 2019年5月21日まで一休.comでは『タイムセール【一休限定】 <沖縄14days>』を開催中です。 D’sgrow resort Infinity Pool Villa TOGUCHINOHAMA も対象施設になっていますので、要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください