百名伽藍は客室から水平線を眺められる絶景の宿

百名伽藍の夜明け

沖縄南部にある百名伽藍は、宿まで向かう途中民家しかないエリアや畑の中の道を通り抜けます。初めて訪れた時は、道があっているのか不安になるくらいでした。

宿の建物は白く、沖縄の青い空とのコントラストが美しく眩しいほどです。客室フロアは白を貴重にした高級マンションのような雰囲気ですが、海岸沿いから見る百名伽藍の建物は琉球瓦が目を引く、沖縄らしい雰囲気があります。


こちらはフロントです。海に面しており、フロントに足を踏み入れた途端、目の前に海が広がります。

百名伽藍のフロント

百名伽藍フロントからの眺望

百名伽藍の建物から海岸沿いに降りる階段には、ヤドカリがたくさんいました。海は干潮だと磯遊びができます。

遠くから眺める海も素敵ですが、海底が透き通って見える海を間近に見るのも大変面白いです。小さな魚やヤドカリなどを長絵mながら、岩を渡って少し沖まで歩くことも楽しめました。この辺りの岩は滑りやすく素足では足を切ってしまう恐れがあるので、磯遊びをする場合は、歩きやすい靴を用意するのがオススメです。

百名伽藍の外観

満潮時は海の美しさがひきたちます。この景色はできるだけ高い位置から眺めたいものです。
百名伽藍からの眺望

百名伽藍を訪れたらぜひ利用してください

最上階にある貸切露天風呂「方丈庵」からの眺め

百名伽藍の客室よりもオススメの眺望は、無料で何回でも利用できる貸切露天風呂方丈庵からの眺めです。

貸切露天風呂は、離れの建物でそれぞれが琉球瓦と石畳からできており、ここでも沖縄らしさを楽しむことができます。
百名伽藍の方丈庵

方丈庵とよばれるこの貸切露天風呂は、お風呂だけの目的で利用するには惜しいほど雰囲気の良い場所です。大変人気の施設ですので、予約時にあわせて方丈庵も予約されると良いでしょう。

利用する時間制限はありませんが、そこは常識の範囲で。方丈庵を予約するたび、スタッフの方が清掃に入られます。

夕方は夕日に染まった空や海を楽しむことができ、夜は星空を眺められます。朝は朝日に染まる水平線を眺めることができます。どの時間帯もそれぞれの良さがあります。とお伝えできるのも、3度予約したところ、すべて違う場所を用意していただいたからです。

夜は星を眺められるように空が開けた場所など、早朝は日の出が見える場所などと気遣いも素晴らしかったです。

緑に囲まれたライブラリー

館内にはライブラリーがあり、たくさんの書籍とフリードリンク(コーヒーはネスプレッソ)が用意されています。沖縄の風を感じながら過ごすことのできる部屋です。
百名伽藍のライブラリー

ライブラリーは1階にありますので、通路の雰囲気は他のフロアとは異なります。木が多く、海の景色ではありません。
百名伽藍の回廊
この1階の回廊を歩いた先に、海につながる階段があります。その階段にはたくさんのヤドカリがいました。干潮のときは浜遊びも楽しめます。ビーチサンダルでは滑りやすく危険ですので、靴は用意されることをオススメします。

時間帯によって違う回廊からの景色

客室も広々として素敵ですが、回廊からの景色やロビーからの景色が美しいのも特徴です。

夜、夕食を食べ終わった後では暗すぎ、朝4時くらいの灯りが少し灯る回廊が最も美しいと感じました。

百名伽藍の回廊

客室からも絶景を楽しめる

こちらの写真は客室からです。
客室や館内の回廊からの景色は美しく、何枚も写真を撮って過ごしていました。

百名伽藍の眺望

百名伽藍の客室

客室のお風呂からの眺めも美しい。

カーテンやブラインドなどはおろさず、ずっと眺めていたい景色です。

百名伽藍の客室

1泊ではあっという間に時間が過ぎてしまいます。2泊したいと思わずにはいられない、時間を忘れてしまう宿です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください