2019年5月開業 the rescape(ザ・リスケープ)の予約が始まりました

the rescapeの客室

宮古島の星空と日の出を楽しめるかも?!『the rescape(ザ・リスケープ)』が誕生

Hotel LOCASのグループホテルが宮古島に誕生します。

公式サイトでは2018年11月20日から予約開始、各予約サイトからも予約できるようになりました。

特に楽天トラベルでは2000円オフ クーポン も配布中。(2019年5月11日現在、クーポン配布は終了しています)

宮古島でもホテルがなかったエリアに誕生するプライベートプール付きの施設。気になる方は是非チェックしてみてください。

the rescapeのロケーション

出典:楽天トラベル

『the rescape(ザ・リスケープ)』の客室は?

the rescapeの客室

出典:楽天トラベル

こちらが2番広くラグジュアリーな『プレミアスイートヴィラ』の客室です。

客室の広さはおよそ102平米。1人で泊まることもできますし、最大5人で宿泊することも可能です。

the rescapeの客室

出典:楽天トラベル

こちらの客室は最も広い『リスケープスイートヴィラ』の客室です。112平米の広さがあり、140cm幅のベッドが2台備わるゆったりとした客室です。

最も広い客室でも、『the rescape』にはキッチンの設備が備わっていません。自炊を考えている方は、残念ですが他の施設をお勧めします。

『the rescape』の客室を比較してみよう

客室のタイプ(宿泊料金が異なる)は9種類あり、宿泊する人数・宿泊する目的・予算によって、どの部屋が適しているか、比較したくなりました。

リビングと寝室の部屋が分かれていると、宿泊費が1万円以上アップします。

また、大人数の場合、一番広い客室『リスケープスイートヴィラ』よりもベッドの数が多い『プレミアスイートヴィラ』のほうが使い勝手が良いでしょう。

人目を気にせず思いっきり泳ぎたいカップルやおこもりで過ごしたい方には、プールと客室が一番広い『リスケープスイートヴィラ』で開放感を味わうのが良いでしょう。

客室の種類 ベッド幅 広さ 定員 プール 露天風呂 室内浴槽 1室の宿泊費(税抜)
リスケープスイートヴィラ*1 140cm × 2台 112平米 1~5名 × ¥60,698~
プレミアスイートヴィラ*1 120cm × 2台、210cm × 1台 102平米 1~5名 ¥56,050~
デラックスヴィラ 140cm × 2台 83~90平米 1~4名 ¥43,986~
スイートヴィラ (ソファベッド付) 120cm × 2台 91平米 1~3名 ¥43,543~
コンフォートヴィラ (フォース対応可) 120cm × 2台 67~70平米 1~4名 ¥39,586~
コンフォートヴィラ (トリプル対応可) 120cm × 2台 66~67平米 1~3名 × ¥37,824~
コンフォートコテージ 120cm × 2台 57~61平米 1~3名 × ¥33,430~
コンフォートルーム*2 120cm × 2台 40~45平米 1~2名 × ジャグジー ¥28,149~

 

*1:リビングと寝室の部屋が分かれています。

*2:40平米の客室には、シャワーブースのみ備わっています。

『the rescape(ザ・リスケープ)』の設備やアメニティーは?

公式サイトによると以下のアメニティが用意されているthe rescape。

 

■ チェックイン:15:00

■ チェックアウト:11:00

■ 客室内設備
液晶テレビ / 電気ケトル / コーヒーマシン / 冷蔵庫 / ヘアドライヤー / アイロン / 加湿器 / 空気清浄機 / 洗浄機付トイレ
石鹸(液体) / ボディーソープ / シャンプー / コンディショナー / ハミガキセット / カミソリ / ヘアブラシ / タオル/ バスタオル
ルームウェア / スリッパ / 金庫 / Bluetoothスピーカー / 客室内wifi / ミニバー / ビーチタオル / バスローブ / ビーチガウン

■ 無料サービス
除湿機 / 爪切り / コンセント変換アダプター / 体温計 / 体重計 / ヘアアイロン(カール機能付) / おむつポット / 各種スマートフォン充電器
ベビーベッド / ベッドガード / 浮輪 / ウォーターハンモック / エアマット / フロートボート

■ 有料サービス
シュノーケルセット / ライフジャケット / ラッシュガード / ランドリーサービス
施設
レストラン/カフェ&バー/ビーチアクセス/プールテラス/ライブラリーショップ/喫煙スペース

有料ではありますが、シュノーケルセットがあるということは・・・

そうです、ホテルの前のビーチでいつでも好きな時に遊ぶことができるのです。

これは楽しみですね。

ヴィラとつく客室にはプライベートプールが備わっていて、リーズナブルなコンフォートルームやコンフォートコテージには

ジャグジーが備わっています。寒い時期に宿泊するのなら、プライベートプールがなくてもよいかもしれませんね。

とはいっても、2019年5月に開業するのなら、今年の夏に泊まりたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

2019年のゴールデンウィークは、宮古島行きの飛行機は2019年1月の時点で、空席がないといううわさを聞きましたが、

1日有給を取得して長めの滞在にすれば、まだまだ飛行機の空席はありました。

ただし、ホテルの空室はかなり少なくなっています。気になっている方は早めに予約することを強くお勧めします。

一休.comthe rescape のプランを確認する
楽天トラベルから the rescape<宮古島> を予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください