2018年5月22日開業 UMITO VOYAGE ATAMI(ウミト・ボヤージュ・アタミ)

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)の口コミ

建設中に前を通った時は、どこかのセレブの別荘かと思っていました。道路から見ると平屋(実際は2階建て)の白い建物は、
印象的で、ちょっと手の届かない雰囲気だったのです。
ところが、この熱海の海岸沿いにある白くて美しい建物は、誰でも泊まることのできるホテルになったのでした。

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)の外観

ドライブ好きな彼を誘っていこうと思っている女子は、彼が車の運転に真剣になりそうな道路です。

熱海から車で走ってくると、いきなり白い建物が見えるので、いきなりドライバーに「ここはいって!」というと喧嘩になるかも?!

熱海方面から車で向かう場合、 UMITO VOYAGE ATAMI の手前に『アカオハーブ&ローズガーデン』があります。『アカオハーブ&ローズガーデン』を通り過ぎたあたりで、次の白い建物が行きたいところ!と伝えるのがよいでしょう。早めに合図をすると、ドライバーも安心して左折(熱海方面から移動する場合)できますよね~。

12:00-15:00までは、ランチ営業されていて、宿泊客以外も食事をすることができます。
駐車場の入り口に看板が出てて、空席があれば予約なしでランチをいただけますが、道を通った人がいきなり立ち寄るのはちょっと難しいかも。
もう少し手前に看板があるといいかもしれませんね。

UMITO VOYAGE ATAMI は気になるけれど、宿泊はちょっとという方、ランチ利用もおすすめです。

こちらはランチメニューの和風パスタ。
umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)のランチ
奥に見えているグリーンサラダは、パスタとセットです。夕食も同じようなサラダでしたが、パスタはランチでしかいただけません。

出汁がきいているもちもちの生パスタ。おいしー。これは夕食も期待してしまいます。訪れた日は、チェックインの時間よりもだいぶ早く到着してしまい(思ったよりも道路がすいていたのです)、カフェで遅めのランチをいただきました。

パスタだけでなく、ケーキも頼んでしまいました。
umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)のランチ・カフェメニュー

ランチをいただくカフェは、宿泊客のレストランになります。お部屋食ではありません。
ただ、173平米のオーシャンビュー・テラスバス・ラグジュアリー・ スイートに泊まる方以外は、このレストランからの景色を客室で楽しめないため、
レストランの利用は貴重な時間です。私は写真を撮りまくっていました。

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)のレストランのバルコニー

訪れた日は、台風12号の影響が心配でしたが、標高54メートルの場所にありますので、高波の影響もありませんでした。

初島を眺めることができるほど天気は回復していて、客室のテラスから海を眺めて過ごすことができました。

食事も食材や調味料にこだわりがあり、体に優しい上に美味しく、見た目にこだわるよりも中身にこだわりがあると感じました。
そして、熱海でありながら湯河原で泉質にこだわっている神谷温泉をひいているという点にも驚きました。泉質の良さなど、わかる人は少ないと思うのに、そこは手を抜かないのです。

見た目にわかりやすい所にお金をかけるのではなく、本当に良いものを提供している宿だとわかり、とても気に入りました。
umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)の客室の温泉

写真では伝わりにくいのですが、湯河原温泉(神谷温泉)の湯の花がありました。循環式で温めているのかけ流しではありませんが、

源泉の良さは楽しむことができます。注意したいのは蛇口からのお湯。これは温泉ではありませんので、成分が薄くなってしまいます。

温度の調整はフロントにお願いしましょう。

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)の客室のキッチン

UMITO VOYAGE ATAMI のオーシャンビューバスの客室にもこのように立派なキッチンが備わっています。2食付きのプランもありますが、朝食のみまたは素泊まりのプランを選ぶことができます。
調味料は用意されていないので、準備が必要ですが、炊飯器やグリルがあるため、簡単な調理はできます。また食器洗浄乾燥機は備わっていません。

よいところばかりあげていますが、サービス面は少し気になりました。開業したばかりということもあると思いますが、

フレンドリーというか、カジュアルなのです。

『バケーションレンタルに温泉と食事がついている』という感覚で泊まるのなら満足度は高いです。

ところが普段2名1泊2食付で7~8万円の旅館を泊まっている方にとっては、スタッフの所作が気になるでしょう。

例えば高級宿を泊まり歩いている一休.comダイヤモンド会員が泊まったら、『物申す』的な反応がありそうに感じました。

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)の屋上テラス

屋上テラスからの景色。熱海の花火はここから見えます。花火の日に泊まりたい人は早めに予約を!

2018年開業の注目ホテルとして、ぜひ多くの方にお勧めしたいと思います。

umito voyage atami(うみとボヤージュあたみ)のアメニティ

実際に泊まられる方は、洗濯機・キッチン・ナイトウエアにバスローブとアメニティは充実していますが、女性用の基礎化粧品がありませんでした。これだけは忘れずに持参するのがオススメです。(宿の近くにコンビニはありません)

一休.com では、時々お得なキャンペーンを行っていますが、2018年8月5日現在、一番安く予約できるのは楽天トラベルです。

楽天トラベル から予約した場合、1日あたり先着2組が30%オフの宿泊費で宿泊できるだけでなく、 最大5,000円オフクーポン も利用できるのです。

UMITO VOYAGE ATAMIの宿泊プランはこちらから

UMITO VOYAGE ATAMI から車で20分の距離にあるゴルフ場はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください